外壁塗装には、様々な塗料や材料の種類などがあります。
フッ素やウレタンなど、それぞれ耐久性が違うやど、特徴があります。
そんな外壁塗装の一つに、遮熱塗装というものがあります。
こちらは、文字通り太陽光の熱を遮るようにできている塗装です。
では、遮熱塗装で遮熱塗料を使用した場合、どの程度温度が下がるのでしょうか?
こちらは、屋根の場合15から20℃ほど下がります。遮熱塗装を行うか行わないかだけで、これだけの差がでます。
また、遮熱塗装には屋根のカラーにより効果が変わってきます。白い屋根と黒い屋根では、違いが現れます。
遮熱塗装の黒と、一般の白い塗料を比べた時に、白い塗料の方が日射反射率が高いです。
遮熱効果を期待する場合には、明るい色を選ぶことが大切なポイントとなってきます。
そして、遮熱塗装で使用する遮熱塗料の耐久性ですが、やはり塗料の主成分によって変化してきます。
遮熱塗料でも、様々な種類があるのです。遮熱塗装は、屋根だけではなく外壁塗装でも行うことができます。
このように、外壁塗装をする際に、遮熱塗装を考えている方は耐久性などを考えながら、どの遮熱塗料を使うかを決めていきましょう。
遮熱塗装を行えば、おおいに遮熱効果が期待できます。

外壁塗装について、こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ 外壁塗装 遮熱塗装

関連記事